株式会社 アプリ Tsunage Challenge 株式会社 アプリ Tsunage Challenge

私も「アプリ」が大好きです。

原 由利香Hara Yurika

広報

2016年5月入社

PROFILE 美容・リラクゼーション業界で約6年、アパレル販売で1年8ヶ月、人材派遣営業職で3年6ヶ月勤務。その後アプリに入社し、現在に至る。

入社を決めた理由を教えて下さい。

何をやってきたかという経歴や経験ではなく、「原さんってどんな人?どんな人って周りに言われる?」という質問がメインで正直困惑しましたが、そこまで興味を持ってくれているんだなぁと思い、感動しました。私自身に興味を持って質問していただける事、人間味ある人と働きたいという言葉に魅力と熱意を感じた事が一番の決め手になりました。

会社の自慢出来る点、
誇らしい部分について教えて下さい。

自分を出しやすい環境。もともと思った事や感じた事を言うタイプですがアプリという会社はそれを自然とさせてくれる。それはこれまで先輩の背中をみて一人一人が感じた事を受け継いでいるからだと思います。会社は社員を想い、社員はスタッフさん・クライアント様を想ってきたからこそ結果が出ているという点は自慢です。また、一人一人表現の違いはあるものの、みんな熱い想いと「アプリが好き」という想いをもって仕事しているところは弊社の誇らしい点です。

___alt___

仕事のやりがいを教えて下さい。

広報は一見華やかに見えますが、コミュニケーション力であったり記者さんへのアポイントを取るなど営業要素が多く含まれます。振り向いてくれなかった記者さんが少しでも興味を持ってくれると本当に嬉しいですし、やりがいを感じます。また、メディア等に弊社が取り上げられたことを社内で共有した時に社員のモチベーションが上がるのを見るとやりがいを感じます。

この会社で成し遂げたいこと、実現したい夢はなんですか。

二つあります!一つはアプリが行っている様々なサービスをより多くの人に認知して頂き、ライフスタイルの選択肢の一つとして捉えてもらえるようになってほしいです。そして、弊社のプロジェクト「TSUNAGU CHALLENGE」を通して、今いるステージから、もう一歩上のステージにチャレンジする人を増やしていきたいです。もう一つは、社長の庄子を筆頭に熱く個性あるアプリ社員を多くの方に知って頂けることが私の成し遂げたい夢です。

___alt___

ある日の一日

  • 9:00 新聞やウェブニュースのクリッピング、メールチェック~来客応対
  • 12:00 昼休憩
  • 13:00 プレスリリース作成、メディア・記者さんへのアポイント取り
  • 15:00 記者さんへ訪問・アンケートまとめ・社内ネタ探し・広報打ち合わせ
  • 17:00 メディア選定・事務処理