loading

01

Apptli Person

YURIKA HARA

ハラ ユリカ

PR2016年入社

interviewインタビュー

昔から人の話を聞くことが多いタイプ。多くを語るのではなく、大事なことだけを「正しく伝えたい」と考えている。

そして自分も経験してきた「多様な働き方や雇用形態が存在するのは、多様な生き方があってこそ。」ということを、アプリを通して広めていきたいという夢がある。

プライベートでも、とにかく多様な生き方をする人たちといろんな話を共有したいと思っている。そのコミュニケーションには大前提としてアルコールが必須(笑)。人が自分の前で「素」になってくれたらいいと思っているので、飲みの場が好き。また、人の「素」は人間臭くてもピュアでも、その人を知る有意義な材料になると考えている。人も物事も、興味を持ってよく知ることから、正しく理解することができ、発信する側に回る時は大きな財産となる。そんな思いを抱えながら、人とコミュニケーションをとることを心掛けている。

良くも悪くも、裏切るのが「人」

今まで、いろんな職種についていた。卒業後、美容師を目指していた時期もあった。そこからマッサージ師に転職し、その後はアパレル業界に。そこから営業職に興味を持つようになり人材業界の営業職につくことになった。そんな中、人付き合いも多く、例えば「実際は言っていないようなことが、あたかも言っていたことになってしまっている。」といった出来事があり、人に裏切られることも多々あった。人は、良くも悪くも期待を裏切ってくる。でも、それこそが「人間らしい」とも思えた。むしろ、裏切られることがあるからこそ、「人」は難しくて、そして面白いと思うようになった。
昔から、頑固でめげない性格。そのおかげなのか、悪いことがあっても、それよりいいことの方に目を向けようと考えるようになった。人材業界に携わる魅力も、相手が気づけていないその人の魅力に気づき、チャンスを提供できるところにある。彼らのそのチャレンジが、リゾートバイトも含め、人生のターニングポイントになることもあり、そこを一緒に経験できるというのは、本当にやりがいもあるし、貴重な体験だと思う。

「正しく伝えたい」という想い

以前、営業職に勤めていた時は、今よりもずっと「派遣」という雇用形態についてネガティブなイメージを持っていた。しかし、それは社会的に多様な働き方についての理解が、当時はまだ足りてなかったからでもあった。メディアでも、曲がった認識で派遣という概念を取り上げることが多かった。そうやって広められた人々の多様な生き方・働き方への誤解を解きたいと思い、転職を希望するようになった。そして「正しくものを伝えたい」という自分の考えとつながる職種として広報を選んだ。
当時のアプリには、広報部というものがそもそも無く、0から手探り状態ではあったが、いろいろな方に手助けしてもらいながら、着実に一歩一歩踏み出していくことができた。まずは広報の役割や意義について社内での共有が必要と思い、社内での飲みニケーションを頑張った(笑)。

派遣という働き方の付加価値が評価される社会へ

広報として、「いわゆる人材会社」ではなく、「株式会社アプリ」を世の中に定着させていきたい。広報を始めたきっかけでもある、「人材会社は仲介するだけで儲けているズルい商売」という世間のイメージや、様々な働き方への誤った理解などを訂正していきたい。目標は、派遣という雇用形態の様々な付加価値が、世の中で評価され認められること。
そして、もっと言えば、そういった社会の意識が変わることで内側にいる社員のモチベーションを上げていくことが最終ゴールだと思っている。

messageメッセージ

これほど自由度が高くて、「まずはやってみて」と言ってもらえる環境って、本当に中々ないと思います。自分自身もいろいろな場所や職種を経験してきましたが、とても良い環境だなと感じています。アプリは、自由度が高いからこそ、自分で考える力も出てくるし、それでもピンチな時は、絶対に助けてくれます。飛び込む価値がある会社です。この会社を起点に、皆さんにも発展やひらめきを見つけてもらうことができたらいいなと思っています。どんなチャレンジにも背中も押してくれるし、今のキャリアのことだけでなく、その先のことも決めていける土台を作ることができると思います。

YURIKA HARA

scheduleスケジュール

  • 9:30

    トレンドチェック

    出勤したらまず数社の新聞に目を通します。 他の企業がどんな取り組みをしているのか、今のトレンドがなんなのかをチェックし、「アプリではどんな風に打ち出したらいいだろう」「どんなPRがキャッチーで伝わりやすいのか」を常に考えるようにしています。

  • 11:00

    記者さんと電話ミーティング

    新しいプレスリリースが出たら早速記者さんにアプローチ!アプリのことをもっと世の中に広めていきたいので、メディアの方々とのコミュニケーションはとっても大切です。 私はまだまだ広報として駆け出しなので、一方的にアピールするというよりは、時にアドバイスもいただきながら一緒にPR方法を考えていけたらいいなと思っています。本当にありがたいことです…。

  • 12:30

    他社の広報の方とランチミーティング

    この仕事のおもしろいところは、いろいろな方とつながりが持てること。今日は他社の広報の方とお会いしてランチミーティング。お互いの会社の取り組みや最近考えていること、一緒に何かできないかなどをざっくばらんにおしゃべりしながらおいしいランチを食べます。この日はインドカレー!

  • 14:00

    いざ、勝負のプレゼンへ!

    ランチミーティングで頭とおなかが満足なぐらいいっぱいになったら、最近コンタクトを取り始めたとある媒体さんのところへ向かいます。今回はアプリの取り組みをプレゼンする場ですが、時にはリゾート地で働くスタッフさんの取材で北海道や沖縄に出張することもあるんですよ!(もちろん現地でのごはんも楽しみの1つ)

  • 16:00

    次のアプローチについてミーティング

    実は先日、とある新聞に記事を出していただくことができました!!広報という仕事はすぐに結果が出ないので忍耐が必要ですが、その分結果が出たときの喜びはとっても大きいです!今日はそのときの振り返りをしつつ、今後どのようにメディアにアプローチしていくか、改善できるであろうポイントついてメンバーと打ち合わせ。

  • 19:00

    アルコールは明日への活力

    お酒を飲むのは大大大好きで、ダイエット中でもアルコールを我慢することはできません。うれしいことに新宿三丁目には良いかんじの立ち飲み屋やバーがたくさんあるので開拓のしがいがあります。普段はハイボールばっかりの私ですが、たまにはおしゃれにカクテルでも飲んでみようかな…。エネルギーチャージして、明日からもまたがんばります!!

休日

休日は、もっぱらNO目覚まし。朝起きてすぐに冷蔵庫へ行き目覚めの缶ビール!!少しうたた寝をして洗濯とか、掃除をしたらユニークな友人達と昼から夜までとことん飲み歩き。私は、このルーティンをやめられません。

commentコメント

  • YOSHIO SASAKI

    YOSHIO SASAKI

    RESORT/東日本エリアマネージャー

    「広報は会社の顔」とよく言われますが、原さんはまさにアプリの顔だなと感じます。常に笑顔で壁を作らずに人とのつながりを広めていける人間性は本当に素敵ですね!これからも素敵な笑顔でアプリを広げて下さい♪

  • YUKI KOIZUMI

    YUKI KOIZUMI

    PR

    コミュ力抜群!ふんわりした雰囲気で誰とでも距離を縮められる原さんはアプリに必要不可欠な存在です♪営業あがりの突破力とたまに出る天然な部分のギャップが最高!いつも笑顔をありがとうございます!

  • YUKI GANAHA

    YUKI GANAHA

    RESORT/営業

    女性らしさと男性にも負けない芯の強さの両面を持ち合わせている、このバランスが原さんの魅力。仲間とのコミュニケーションを大切にし、思いやりや配慮を欠かさない。原さんはアプリに欠かせない栄養素のひとつです!!!

  • KANA ARIHARA

    KANA ARIHARA

    RESORT/営業

    美人でセクシーで芯を持っている女性!アプリの隅々まで観察して社外へ発信している姿は頭が下がります!同い年ですが、女子力を兼ね備えている原さんに憧れております!その笑顔を武器にガンガンアプリを盛り上げてください!!

OTHER MEMBERSその他のメンバーを見る

今しか出来ない体験を!

アプリは一緒に働く仲間を募集しています!

We are waiting for your entry.

ENTRY