loading

04

Apptli Person

AKIHITO YOSHIDA

ヨシダ アキヒト

J+統括マネージャー/2015年入社

interviewインタビュー

アプリに入社する前は、大手旅行会社で勤務していた。そこでは、地域にしっかりお金を落とし、貢献することが満足にできない、というジレンマに悩み続けた。退職後、「リゾートバイト」という雇用形態を通し、地域社会に密接しているアプリに入社。

入社から1年が経った頃、地域の不可価値を掘り起こし、さらに盛り上げるための面白い商品を提案していく事業として「J+」を立ち上げた。

それが「社内ベンチャー制度」と今言われる新規事業公募のスタートでもあり、「アプリはどんなことでもチャレンジできる会社」ということをJ+を盛り上げていくことで、周りにも影響を与えることができればと思っている。

サークル合宿から国内旅行の可能性に気づく

旅行によく行く家庭で育ったせいもあり、小さい頃から旅行、特に国内旅行が大好きだった。大学3年の時にはサークルの幹部を務めていたが、サークルの合宿先は自分が率いて和歌山の白浜を選んだ。まず東京の大学生が合宿に行くとなると、多くの場合、金額的な理由から、関東近辺の安い宿のある場所を選ぶことが多い。しかし、あえて選んだ和歌山の白浜は、海外に負けない綺麗な海と、日本らしい街並みが共存する本当に魅力的な観光地で、合宿の参加者はみんなその地域のすばらしさに感動し、合宿自体もすごく満足してくれていた。この経験から、改めて国内旅行の可能性を感じ、大学の卒業論文も地域活性化について書くことを決めた。そして大学卒業後、大手旅行会社への就職が決まった。

地域の新しい価値は、旅行会社が掘り起こす

旅行会社では、北海道エリアを担当していた。クルーズツアーや教育旅行、法人旅行の企画と提案をしていたが、大手ということもあり地域の方々から感謝されることが多かった。いろいろな地域の方々と接している際に、本当に率直で、真っすぐで、素晴らしい方々とたくさん出会えたことから、より地域にしっかりお金を落として地域社会に貢献したいと思った。そして、大手会社は集客力という強みを持つ反面、地域の本当の魅力を引き出し、地域の個々人の利益につなげるには限界があると感じた。「自分が本当にやりたいと思う、理想に近い事業をしたい」そんな思いで、大手旅行会社を退職した。自分が本当にやりたいと思っていること。それは、地方が持っている「新しい価値」を旅行会社が掘り起こし、商品化することだった。

そのためにも、独立して起業した方がいいのかと思いつつ、転職活動をしていた。そして、別の旅行会社の面接のために東京に来ていた際、「リゾートバイト」というものを初めて知った。入社のきっかけは、当時リゾートバイト事業部のマネージャーだった菅沼さん(現在はTokyoDiveの事業部長)に、猛プッシュされたこと(笑)。こんなに気持ちの熱い人がいる会社なんだなと、素直に興味が沸いた。アプリに入社し、自分の原点に沿ってやっていけるポジションにいられることが嬉しい。今は自分自身の信念だけでなく、会社のために貢献したいと強く思っている。新規事業を起こし、盛り上げる価値というものを、自分自身が証明したい。他のみんながこのアプリで、よりチャレンジしやすい環境を作り上げていくためにも。

ベンチャーで生き抜くためにも、面白さをプラス

地域への貢献とはまた別軸で、面白いことをやりたいという想いがある。アプリで旅行事業をやるなら、ベンチャーらしい要素は不可欠だと思っている。大手の限界を感じ、アプリへ転職したとは言え、数えきれない競合との闘いの中を生き抜くには、特別さや希少価値である企画を抱えていることが必要。そこでJ+では、観光や経営の勉強をしている学生の方々との連携で、ユニークな企画をクリエイトしている。地域創生という面でも、魅力的な商品企画という面でも、国内旅行には付加価値が不可欠。J+という名前で「プラス」と訴えているのは、そういった意味でもある。
今後は国内合宿事業を通し、そこに企業のチームビルディングや意識改革という課題へのソリューションを提供していく。非日常での感動体験を、観光だけでなく、組織の課題可決という新しい角度にまでつなげていけるこのビジネスも、また一つの「つなぐチャレンジ」だ。

messageメッセージ

「自分が、今なにをやりたいか。」それがわかった上でアプリがいいなと思ってくれている方には、すごく良い会社だと思います。正直言って、大手企業を目指している人、大手志向の方には、アプリは向いてないかもしれません(笑)人生をかけたチャレンジがしたい!そう思っている方は、ぜひ!

AKIHITO YOSHIDA

scheduleスケジュール

  • 9:00

    朝からは脳みそフル回転

    現在プロジェクトを一緒に進めている企業様へ直行。新しいことを始める瞬間はいつだってワクワクと刺激がたくさん!この日は、これから本格的にスタートする合宿事業についての商談。普通とはちょっと違う、ひねりのきいたプランをご提案すべく頭をフル回転させて挑みます!

  • 11:00

    温度が高いうちに次の一手

    オフィスに戻ったら、まっさきに企画書を作成。アポの内容であった質問内容をもう一度思い出しながら、整理立てて新しいプランを練っていきます。

  • 12:00

    ランチしながらの業務は結構好き

    この日は盛りだくさんの1日だったので、昼ごはんはデスクでパパッとすませちゃいました。時間に余裕があるときは、みんなで食べに行ったり、出先で外食することもありますよ~!でも食べながらの作業も不思議と普段よりはかどったりするんですよね。

  • 14:00

    今後の作戦会議

    午後の一発目はチームミーティングから。メンバーの業務進捗の確認や、今困っていることなどを洗い出して、解決にもっていくための話し合いをします。みんな旅行業界の経験者なので、前職で経験したことで、今の課題に活かせるようなことがあればどんどんアウトプットしていきます!

  • 16:30

    ふとした時に湧き出るアイデア

    隣の席は取締役の山本さん。仕事の相談から、くだらない話までなんでも聞いてくれる頼れる上司!お互い関西人ということもあってか、会話のテンポが似ているような気がしてうれしい。(たまに寒いギャグも言うけど…)なんでもない会話から次のプロジェクトのアイデアが生まれることもあるので、こういう時間は本当に大事にしていきたいなぁと思います!

  • 19:30

    1日の終わりはビールでしょ!!

    僕のエネルギー源。仕事終わりのビール!!この日は、社内の同じ大学出身者で集まっての飲み会でした。学生時代は接点がなく、初めてのメンバーでしたが同じ大学に通っていたからこそわかるあるある話や名物サークルの話題などで懐かしい気持ちに。全員部署も違うので、今どんなことをやっているか、これからどう盛り上げていくかといったことなど、それはそれは、夜も深くまで盛り上がり続けたのでした・・・。

休日

国内旅行業を扱う部署にいるっていうのもありますが、もともと国内旅行が大好きで、休みがとれればどこかに行きます!この日は我が故郷・大阪へ。やっぱ大阪のたこ焼きは最高!

commentコメント

  • TAKUYA NAKAGAWA

    TAKUYA NAKAGAWA

    BACK OFFICE/経理課 課長

    新規事業の提案から責任者として活躍している姿をみるとエネルギッシュの一言! 業務が忙しい中、週によっては毎日のように飲みニケーションを積極的に行い社内を盛り上げてくれて感謝! ただ吉田君の肝臓が心配。。ご自愛ください。

  • NARUMI YONEZU

    NARUMI YONEZU

    J+

    瞬時にとびぬけた企画を思いつくアイデアマンであり、いつもパワフルな吉田さん!何事も諦めずにぶつかっていき、どんな壁も乗り越えていくぞという強い気持ちにいつも刺激を受けております!ジェイプラスを立ち上げてくださりありがとうございます!共に盛り上げていきましょう!!

  • TAIZO HONDA

    TAIZO HONDA

    RESORT/営業

    普段はバリバリの関西弁で様々な面白いネタを話したりおどけたりしている吉田さん。しかし、仕事モードに入ると冷静に仕事をテキパキこなす働きマンに! 特にプレゼンや事業報告時は聞いているこちらまで熱くなるくらいエネルギッシュな語り方をされますので、勉強になりますしいつも楽しみにしています!!!

  • HIROAKI MAYUZUMI

    HIROAKI MAYUZUMI

    TOKYO DIVE/営業

    吉田さんとは同じ大学の出身なので、入社した時から仲良くしていただいております! とにかく仕事に対してエネルギッシュな印象で、ビジネスチャンスがあれば、部署を跨いで東京ダイブにガンガン提案に来てくれます。 私自身もこの行動力は見習いたいと思いますし、これからも同じ大学の出身者で集会(フリーメイソン的な?)を開けるように一緒に頑張りたいです!!

OTHER MEMBERSその他のメンバーを見る

今しか出来ない体験を!

アプリは一緒に働く仲間を募集しています!

We are waiting for your entry.

ENTRY