loading

from the President

庄子潔

SHOJI KIYOSHI

庄子 潔

株式会社アプリ
社長

人材業界に入るまでは、音楽が人生の意義だった。
音楽を追い求めて渡米した10代のころから、たった1つ変わらないところがあるとするなら、「やりたいことはやらなければ気が済まない性格」

アプリと出会った当初は、事業を通しいろいろな人の夢を応援させてもらうことが、自分の「やりたいこと」だった。そして「スタッフさんの夢はもちろん、会社としてやりたい・やらなければいけないことを支援し、大切な仲間のチャレンジや夢のサポートまでできるようになること」が、今の「やりたいこと」。

アプリが持つそれぞれのサービスは、同じ軸でつながっているが、一緒に働いている仲間もみんな同様につながっている。常に優しさを持ち、時には厳しさもある、まるで家族のようなつながりだ。そんなつながりこそが、アプリの社風だと思っている。

庄子潔

「リゾートバイト」の枠を超え、
「若者のチャレンジを応援する企業」の
プラットフォームになりたい

【社長】には、大きく分けて3つの仕事があると考えている。会社の方向性を示すこと、戦略と戦術を決めること、そして組織そのものを整えていくこと。後者の2つは、経営メンバーと一緒に考えていけるものだが、「方向性」については、まず自分自身が示していかなければならないと考えている。

約15年間、リゾートバイト事業1本でやってきた私たちだが、リゾートバイトを終えたあと、「海外留学したい」「ワーキングホリデーをしたい」「東京に出て一人暮らしをしたい」といった夢を持つスタッフさんは、これまでも数多くいた。そのスタッフさんたちのチャレンジをサポートするために、留学や上京を支援するサービス(Global Dive、Tokyo Dive)を立ち上げ、さらに「TSUNAGU CHALLENGE」というスローガンをかかげた。

今後さらにスタッフさんのチャレンジをサポートしていくため、そして事業部ごとに分かれることなく、横のつながりを強化していくためにも、アプリにとって「理念」は何よりも大事なものとなっている。

すべての事業は、「若者に価値あるCHALLENGEを」という1つの軸でつながっており、これからは「リゾートバイト」という業界や事業に縛られることなく、より広い領域でこの理念を実現させていこうとしている。

具体的には「2025年までに100万チャレンジ」という目標をかかげているが、その先も「若者がチャレンジできる環境を生み出し続ける」ことが私たちの夢であり、さらにそれを一つのプラットフォームにすることが、アプリにとってのチャレンジでもあるのだ。

庄子潔

「感謝」を忘れずにいたい

見た目も中身も、若いころと今とではだいぶ変わってきた。けれど「やりたいことはやらなければ気が済まない」ところは、昔から唯一変わらない部分。やりたいことをやるための手段はどうとでもなるが、今よりお金もなく、計画性もなかった10~20代前半の頃、自分のやりたいことができていたのは、周りの人に恵まれてきたからだと思っている。
アメリカの短大を中退し、派遣の工場作業員2年という経歴しかなかった自分が、人材派遣会社で働くチャンスを得ることができたのも、拡大し続ける会社とサービスを支えてくれる心強い仲間たちと出会えたのも、すべて「縁」だと思っている。そして他にこの「縁」について説明できる言葉は何もない。このような大切な出会いを、何度も重ねてきた自分は、本当に恵まれたと思っている。

そうやって、工場作業員から人材会社の社長まで、様々な立場・役割を経験してきた。その中で、気づきや勉強になったことは数えきれないほどあったが、社長に就任してから特に学んだことがある。それは、「何事もひとりでは限界がある」ということ。人に恵まれてきたからこそ、夢や目標を達成し、様々なことに貢献もできた。ひとりじゃないからこそ、これから先の未来を思い描くことだってできる。
朝、家を出て会社に向かいながら、ふとこれまで関わってきた人たちに感謝の言葉を思い浮かべることがある。 これからの道のりも、きっと長いものになるが、この感謝の気持ちをもつことは、決して忘れずにいたい。

 庄子 潔のストーリー(リスンさまWEBサイトへ)

MESSAGE

「若者に価値あるチャレンジを」

この言葉は、私たちの事業ベースとなる大切な理念です。

だからこそ、私たち自身も失敗を恐れず、常にチャレンジし続けていきたいと思っています。

新事業の立上げをはじめ、すでに新たなことに挑戦している社員が、アプリにはたくさんいます。

誰かのチャレンジは、また他の誰かへとつながっていきます。

皆さんが、誰かにつなげたいチャレンジはなんですか?

アプリで成し遂げたいこと、ぜひ教えてください。

お待ちしています!

今しか出来ない体験を!

アプリは一緒に働く仲間を募集しています!

We are waiting for your entry.

ENTRY